ダメ計しないポケ勢

とある理由からこのTNを使うことになったもののポケモンブログです。

第4回バトンタッチオフレポ

どうもオペラスリスです。

 

今回は構築記事ではなくバトンタッチオフのオフレポなるものを初めて書いてみましたので興味のある方のみ見ていただけると嬉しいです。ただスタッフとしての参加なのでスタッフとしての視点が多いのはご了承ください。

※記憶があいまいなところも多々あるので違っていても許してください
※受け狙いの記事とかではなく結構真面目に書いただけの記事なので面白さとかは求めない方向でお願いします
※めんどくさいので敬称略していますご了承ください

 

朝7時くらいに起きて出かける準備をしスタッフの集合時間9時よりちょっと前に会場寄り駅についたが893みたいな人が寄ってきてうぉ・・・と軽くビビったらうちの主催だった。油断しているときにうちの主催みるとやっぱビビりますよね^^

会場到着したが8時前なので会場が開いてないので適当にF以外のスタッフ達とだべりながら時間つぶす。ちなみにスタッフFは駅のトイレで死にそうになっていただかで10分くらい遅刻でした^^


9時に開館し、会場設営準備していたら主催が印刷した名札を持ってくるの忘れたことに気が付き急いで印刷しに行き皆で名札切り取る。

9時半ごろから参加者が到着しだしたので10時40分くらいまで受付作業とその合間に参加者と少しだけだべる

10時45分くらいから主催の挨拶から始まりスタッフの挨拶・そして参加者の挨拶となったのだがスタッフ陣のほとんどが自分の紹介はほどほどに主催に対する事を言い出す。ちなみに俺は「最近威厳がなくなってきた主催が予選落ちしたら罰として罰ゲームを用意しているので皆さんで予選落ちさせてください」と主催に関することを言いました^-^ 因みに参加者の自己紹介で一番面白いと個人的に思ったのは参加者名中島愛さんでした。参加者の中に参加者全員のUSMシーズン1の最高レートを調べていてその平均を調べたら1890くらいという話だったのですが記載していなくてわからないもの・そもそもレート潜っていない人は1500という計算していたらしいのでそういった人たちを除いたらもっとレート上がっていたかもしれませんでした^^



11時20分くらいから予選開始。俺はウツロイドブロックで同じブロックの方は

 

菊一文字

レート1400の初心者ZERO

サファイア
にんじん
SS
るーしぃ
みそ
牧野つくし
カスケード

の9名に俺を加えた全10名の全9試合となった。ちなみに使用PT以前記事に書いた強キャラッシュで使用したルカリオリザードン・レヒレ・ガルド・霊ボルト・霊ランドを使用。


1戦目(型バレ含むため対戦相手の名前は書いていません)

相手 ジュペッター・コケコ・ランド・ゲッコウガカエンジシアマージョ

相手選出 コケコ ジュペッター ゲッコウガ

自分選出 霊ボルト 霊ランドロス ルカリオ


カエンジシのがむしゃらから崩しとゲッコウガ・コケコ意識でボルチェン持ち霊ボルト先発におき、カエンジシを上から倒せてメガジュペッタより早く動くことが可能なルカリオこの2匹だと重いランドロスのケアをしやすくし相手のPT的に隙を見せにくいランドロスといった選出。

相手は初手コケコで此方霊ボルトで様子見の10万ボルトから入り持ち物次第では次のターンボルチェンからルカリオでバレットのプランでいいと考えたので10万ボルトしたら身代わりされて10万で身代わり破壊できるが安易にボルチェンで引いて身代わりが壊れない場合そのまま負けに直結すると考え10万突っ張したらカプZが飛んできて此方の半分実発動で回復し10万。次のターン3発目の10万で落とせそうなのでそのままつっぱりマジシャ貰いながらもコケコ10万で落として死に出しゲッコウガ。水ゼット激流ゲッコウガに身代わりされるわけにはいかないので突っ張るが冷凍ビームで処理されてルカリオ死に出しからバレットパンチしにいくが受けだしジュペッタされたのでコメP打たずにメガ進化道連れ警戒でランドロス下げとランドのゴツメを駆使してジュペッタに道連れ成功させずゴツメでジュペッタ処理しゲッコウガに冷凍ビームでランド処理されるも水手裏剣読みでバレP打たずにルカリオのインファで攻撃しゲッコウガ処理して勝ち。

 

2戦目 ルカリオ 霊ボルト カイリュー ギルガルド カバルドン レヒレ

相手選出 霊ボルト ギルガルド カイリュー

自分選出 ギルガルド 霊ボルト レヒレ


積みあいの展開はおそらくないだろうと考え対面寄りな殴り合いになると考えた結果ルカリオを連れて行けばガルドが重くなりすぎるしリザを連れて行けばカバ・レヒレが重くなりすぎるのでダメージレースで強そうで受けだしにききやすそうなガルドを初手におき削っていくことが勝ち筋として太いと考えガルドをベースにカバのケアとカイリューに強く出やすいレヒレ・この2匹だときつい霊ボルトと打ち合うことが出来る霊ボルトを連れていき対面操作し負荷をかけていくプランを取ることにした。

 

初手ガルドに対して相手霊ボルトで霊ボルトは半分実とか持っている可能性もあり重たいのでゴーストZで速攻処理を狙いに行くもボルチェン急所に貰った上にカイリューに受けられてしまう。ガルドで突っ張るか下げるか悩んだ結果ガルドで突っ張ると地震を位ガルド処理される。そのあと霊ボルト出して霊ボルトで悪だくみから荒らしたがカイリューの神速に縛られて負け

3戦目 ペリッパー ラグラージ カビゴン ジャロ ピクシー デンジュモク

相手選出 ペリッパー ラグラージ カビゴン

自分選出 レヒレ ルカリオ 霊ボルト


とにかくこっちのPTペリラグが重い・・・。ただ相手から見てもリザ(特にY)が重いと思われたのでペリラグ選出してくる際はペリラグカビゴンかペリラグスカーフシュモクみたいな選出をしてくるだろうと思われたのとジャロ・ピクシー・ジュモクによる積み展開みたいな形をとる場合こちらが出してくるレヒレからのルカリオがどうしようもなくなる可能性があることも考えてペリラグカビゴンかペリラグスカーフジュモクに選出を絞り雨展開に強いレヒレとカビゴンを倒しに行くためルカリオを確定とし、積まれていないデンジュモクに1発で落とされることがない霊ボルト選出で確定とした。

初手ペリに対してレヒレを合わせることでSラインの判定とペリが削れることで襷がつぶれリザや霊ボルトとの対面での動きにくさを考えるとレヒレから入りトンボを打たせるところから始めようと思いレヒレ初手に置く。

対戦始まり初手レヒレ・ペリ対面から始まりこちらはラグラージの後出しをとにかく許したくないのとペリが暴風で突っ張ってきてもDの低いペリなら雨下だし大ダメージを与えられるなみのりをし、とんぼからカビゴンが出てきてなみのりが直撃し半分実発動。相手からすればここでレヒレは絶対削りたいだろうからノーマル技読みでルカリオ受けだしして恩返しをもらう。ペリがCSベースなのは確定だと思ったのでインファで1匹ぶち抜いて数的有利をとりにいきカビゴン引かれずインファで倒す。死に出しラグラージが出てきたのでこちらは役割のなくなった霊ボルトを地震読みでだし地震を透かしてそのあとの雨滝登りたえてめざぱ氷で削りを入れて雨が止まったので一応甘えたペリだしをさけるためボルチェンしたらラグが居座っていて霊ボルト落とされたのでルカリオのインファでラグラージを落としに行くが受けだしペリッパーをされるもインファ2発で沈めてラグラージ出てきてバレPで削りだけ入れてルカリオ倒されるが雨下の眼鏡レヒレがラグラージ地震を耐えてなみのりラグラージ落として勝ち

 

4戦目 エルフーン フェローチェ マンダ ラグ ジバコ サンダー

相手選出 ラグラージ マンダ ジバコ

自分選出 レヒレ ルカリオ 霊ボルト


PT的にサンダーとステロあくびしてくるであろうラグラージが重かったのであくび展開避けつつジバコ・サンダー以外には不利を取らないレヒレを初手に決める。こちらステロ巻くのを止めるすべがないのでリザードンは展開させてもらえないだろうと考えリザは出さないで全員にしっかり打点があるルカリオとこれだとジバコ・サンダーが重すぎるのでマンダ・サンダーに強く出やすくジバコの電気一貫切りつつ崩しとボルチェン持ちの霊ボルトの選出で決めた。

 

対戦始まり初手レヒレとラグラージとりあえずマンダ後出しが一番きついのでムンフォでラグラージに削りを入れるが半分入るかはいらないかくらいのダメージ量でステロ巻かれる。とりあえずジバコ以外は受からないしジバコの頑丈まで考えるなら攻撃すべきと考えてムンフォしたらジバコが出てきてCダウンを引く。とりあえずこちらレヒレから入ると絶対サンダー・ジバコが重いのが目に見えているからランドか霊ボルトがいるの読まれるだろうと考えたのとCダウンしてくれたのでルカリオが電気技をくらっても耐えられる点やジバコで裏の霊ボルトやランドロスを釣ってラグラージを出してくることも考えたら電気技は打ちにくいと考えてルカリオを出したらルカリオラグラージ対面ができたがまだミストフィールドの効果があるのであくび連打はされないので冷凍Pとか打つ余裕もあることまで考えたら相手ラグ切ってマンダ死に出しが丸いと考えてインファでラグラージを倒して死に出しマンダ。

少しでも積ませないようにするため霊ボルトをあと投げしたらレヒレ読みジバコが出てくるも霊ボルトでジバコ対面積んでジバコ・マンダを処理して勝ち。

 

4戦目終わったあたりで昼の時間になったので主催とスタッフのガムと昼飯をドンキに買いに行ったらコンビニより全然コスパよくて今度からドンキ安定だなと思わされた。ちなみに主催は昼飯を買いに行くのになぜか財布を忘れたので昼飯代建て替えてあげた^-^

昼飯かって会場戻って食いながら主催や参加者とだべる。中島愛って書いてなかじまめぐみって呼ぶとは思わなかった。

珍しく同胞の中国人(中国語はシェイシェイしかしらない)が来ていて午前1-2をかましていたからシャドバも負けてポケカも負けてゲームのポケモンも負けとかいいところなさすぎだから引退しかないよ^^ って圧力かけておいた。ちなみに主催は罰ゲームを嫌がってか午前4-1していた。

昼の時間も終わり対戦再開


5戦目 

相手 バシャ 霊ボルト ゲッコウガ グロス ナットレイ ミミッキュ

相手選出 ゲッコウガ バシャ ナットレイ

自分選出 霊ボルト レヒレ ルカリオ

ルカリオを投げて荒らしていくことが勝筋として太いと考えて相手のゲッコウガグロスミミッキュの攻撃を1発は耐えてボルチェンからルカリオ出して数的有利をとれる

と考えて霊ボルト初手に決めてバシャが両刀の可能性とゲッコウガに強く出たいのでレヒレの3匹に決める。

初手霊ボルト・ゲッコウガ対面から始まりボルチェン選択。相手ゲッコウガでなだれを打ってきたがひるまず木の実発動からボルチェンでルカリオ出していく。バレP打とうか悩むがここでバレPうって甘えたグロス出しや雪崩打つところからスカーフであろうところから考えてインファで後ろを倒しに行くが相手ゲッコウガで雪崩してきたのでそのままインファでゲッコウガ倒す。死に出しバシャが出てきたので剣舞とか怖いがナットレイがいること考えるとルカリオ切るわけにはいかないのでレヒレ即投げして守られたのでなみのりで落としに行くがナットレイに引かれる。ナットレイは鉢巻持っていてもルカリオ1発で倒せなかったと思いルカリオ投げて鉢巻ジャイロくらって赤ゲージまでいくが残り全員インファで倒して勝ち。


6戦目 

マンダ ブラッキー ヒードラン ガブ ゲンガー カミツルギ


相手選出 ヒードラン マンダ カミツルギ

自分選出 霊ランドロス レヒレ ルカリオ


こちらのPTゲンガーが重いのでゲンガーを主体にこちらのPTを荒らしてくると思ったのとゲンガー初手に置くとリザードンが重くなるのでヒードランが来るであろうと思いこの2匹に強く出やすく誰と対面してもサイクルを回していけるランドロスのとんぼからレヒレの眼鏡なみのりで荒らしていくのがいいと考えたのでランドロス・レヒレを確定としたがこれだとカミツルギが重いので後出しからツルギを処理しに行けるルカリオに決めた。一応ゲンガーでなくマンダが出てきた際もランドでマンダのS下げまくってルカリオやレヒレでたたくプランでいいと考えたのでこの選出にした。

初手ランドロスと風船ヒードランの対面。風船ドランはS結構振っていることも多いので鬼火警戒でレヒレ即バックで鬼火透かしてなみのりで負荷かけていくためなみのりしたらツルギが急所にくらって1発で倒れる。死に出しマンダされたのでランドロスバックで封じ連打のプランとるが封じ外れてやばいことに・・・。負けを覚悟したがレヒレ捨ててランドロスで封じしてたら相手羽休めない身代わり竜舞おんがえし+1みたいな構成らしくランドでマンダと1:1をとることができたので風船ドランをルカリオのインファで倒して勝ち。

 

7戦目

相手 コケコ 霊ランド グロス バシャ テテフ ギャラ

相手選出 霊ランド バシャ グロス
自分選出 レヒレ ガルド 霊ボルト

PT見てあ、これ無理な奴じゃね・・・?って思った。ただ相手PTリザードンが重かったので霊ランドは確定で出てきてステロ巻いてリザを縛ってグロスあたりで縛ってくる可能性が高いと思ったので初手ランドに合わせてレヒレでグロスに強いガルドまでは確定としたがもしコケコ絡めた動きしてくる場合を考えたら霊ボルトは欲しいよなって考えて霊ボルトを選出。正直バシャはランド・レヒレといって動かしにくいしリザとはじゃんけんになりやすいから出しにくいかなとも思いバシャは切り気味な選出をした。

初手レヒレ・ランド対面こちらはサイクル回してくるタイプの可能性も考えてリターン重視のなみのりを選択したら相手は地震を打ってきてレヒレに5割ちょい入りなみのりで襷までいく。リザが重そうなPTで襷ランドがレヒレに対してステロからではなく地震から入ってきたところから見てレヒレが重い選出をしているなと感じたので裏はバシャ・ギャラあたりがいる可能性が高いと考えた。相手からするとここで地震を打ってレヒレを落としたりリザ投げされるとリザがニトチャ持ちの場合3縦されかねないから地震で落としてくることはなくてやるなら封じでリザをつぶしつつ自分が展開する形を作ろうとしてくるかレヒレ・リザードンどちらにも対応できるように大爆発で退場してくると思ったのでこわかったがガルド投げて相手のランドロスの大爆発を見事透かすことに成功。死に出しバシャーモが出てくる。この展開の仕方と出し方から見て間違いなく積んでくるタイプのバシャーモだと思ったのと積まないで殴りに行ってレヒレが出てきて木の実発動されたりすることやガルドが甘えたキンシしてくることまで考えたらここは剣舞・ビルドのどちらかだろうと考えてシャドボZを選択。一応バシャが半分実とか持っていると倒せず実が発動して影うち圏内に入らない可能性があるためのシャドボZを選択したら相手は剣舞してきてシャドボZ直撃してバシャ倒してラストのグロスがでてきたがガルドで倒して勝ち。


8戦目
相手 クチート ポリ2 ミミッキュ レヒレ ヒードラン ランド

相手選出 ランドロス クチート レヒレ
自分選出 レヒレ ランドロス ルカリオ

相手PTリザが重いのでランドかヒードランから入ってくると思われたので眼鏡レヒレで荒らせば勝てると思いレヒレ初手に決めてミミッキュクチートに強く出やすいランドロスと瞑想レヒレやミミッキュを上から縛りやすくするためルカリオを選出。

 

初手レヒレ・ランド対面から始まりここはZランドロス怖いしあんま悠長な技打ちたくなかったのでなみのりで負担かけていく方向で考えてたらとんぼかえりからクチート出てきて眼鏡なみのりクチート倒す。死に出しレヒレが出来たので居座るか下げるか悩んで耐久のないレヒレならレヒレで削り入れてルカリオのコメPで倒せるから1回なみのりでつっぱったらこっちのほうが早くダメージ量からH振りは確定だと思ったのでさっさとルカリオ投げてレヒレに負担かけていくことに決めてルカリオ受けだしで自然の怒りもらってからコメP1発当ててルカリオ倒されて死に出しレヒレでムンフォで相手のレヒレ倒して相手のランドをこっちのランドの封じ連打でS下げてレヒレで倒せる形作って勝ち。

 

9戦目

相手 ラティアス クチート ガッサ ゲッコ ガブ カビゴン

相手選出 クチート ゲッコウガ ガッサ
自分選出 ランドロス ルカリオ 忘れましたレヒレか霊ボルト

ラス1ガッサの襷をランドロスでつぶしてルカリオのバレPでしめて勝ちました。
選出はガルドはカビゴンにゴーストZ透かされるのを嫌って出さなかった。

 

 

予選全試合が終わり8-1で予選1位抜けが決まりあとは他のブロックの対戦のジャッジしたりスタッフ内での進行の相談などしつつあいまに参加者と会話。
予選落ちしたら罰ゲームを背負っていた主催は7-2で2位抜けの同胞の中国人は午前1-2なのに気が付いたら6-3になって予選抜けしていた。こいつらやっぱ圧力かけないとだめだな^^ って思った。

ちょっとトラブルもあったが予選が終わり決勝トナメの前にいつもの小さくなる茶番が始まる。

小さくなる茶番はブロック内から各2名ずつ選び小さくなるを積んだレベル100フワライドにレベル1フワンテで攻撃をし、攻撃を当てられたら残り外したら退場というものでフワライドの回避率6段階UPに4連続?で攻撃を当てたほうじ茶が最後まで残りアクジキングブロックの勝ちとなったがこの茶番中参加者側が攻撃ボタンを押したら残留した気満々になっている姿や乱数調整する姿・お祈りをする姿などは恒例となってきていたと思うが今回は知る人にしかわからない菊一コールという知らない人からは謎のコールが起きていた。

 

茶番も終わりKP紹介して決勝トナメへ。ちなみにKP紹介時の画像のランドロスは面白かった^^



1戦目 バンギ 霊ランド 火ロトム ゲンガー レヒレ ミミッキュ

相手選出 ゲンガー 霊ランド ミミッキュ

自分選出 レヒレ ルカリオ 霊ランドロス


相手はボスラッシュで最終2ページ目くらいまでいっている人で何度か対戦したこともあり戦績は五分五分くらいの人。

PT見て思ったことはとにかく無理・・・^^ まず火ロトム・ゲンガーの組み合わせがゲロおもいのでそこらへん意識の選出を心掛けた。

相手の初手考えたとき火ロトム・ゲンガーを通していくことが相手の勝筋として太いと考え1発どちらの攻撃も耐えれてロトムなら1発・ゲンガーならルカリオのバレP圏内に押し込めるためレヒレを初手に置くことを決めゲンガーが来た時に縛りに行けるルカリオを確定。こうするとランドロスやスカーフロトムの際の電気の一環切りやミミッキュが重くなることも考えて霊ランドの選出をすることにした。バンギラスは絶対出てくることがないと思い速攻で切りレヒレはこちらの霊ボルトが来た時やルカリオに対して出してもダメージレースで厳しくなる可能性が高いと考えてレヒレも出てこないと考えてゲンガー・火ロトムミミッキュorランドロスといった選出よみをしていました。リザードンを連れてこなかった理由は初手ランドロスで来られた場合ステロ巻かれて縛られる展開が予想されたのと逆鱗打つとミミッキュに起点にされる恐れがあることを考えて出しませんでした。

 

対戦が始まり初手はレヒレ対ゲンガーから始まりここは予定通りなみのり・相手は進化してヘドロ爆弾でレヒレ耐えてなみのりくらわしてバレ圏内に押し込んでレヒレ倒される。ルカリオ死に出しをしてここでバレP打つかインファ打つかの択になる。
ゲンガーを残すことで此方の見せていないランドをゲンガーで仕留めて強引にこちらのルカリオと相手の火ロトムランドロスとの対面を嫌ったのとここの場面安定はこちらからすればどう考えてもバレPでそれを受ける行動をするならミミッキュはなくてランドロスか火ロトムが出てくることも考えるとインファでロトム1点読みで倒しに行くしかないと考えてインファ・・・したら気合玉で吹き飛ばされました^^ 
此方のランドロスはゲンガーとミミッキュに普通に倒されて負け・・・。
対戦後話をしたら後ろHDランドだったのとリザードンが出てこないことを読まれていました(>_<)

だってリザードンまじで使いづらいから出したくない・・・。



ということでトナメ1落ちの16位で終わりましたのでそのあとは他のトナメ残った人の試合状況確認して進行させつつ前回優勝者の対戦を見ていた。

自分が見ていた対戦の中では俺にトナメで勝った人と前回優勝者の対戦が一番面白い対戦だと思いました。ナットレイがやらかして一気にくるしくなったのをヒードランで択
を通し続けてマンダの一貫作って勝っているのは見ごたえありました。


トナメも進み3決・決勝と解説役をやる。

そろそろ解説役誰か変わらないか!!!!!!!!!!!!!!!!


といつもおもいつつ取り合えず仕方なくやって19時半前くらいに全試合終了し景品の受け渡しなどして19時半くらいに終わり片付けまで20時くらいには終了。

20時15分くらいには2次会参加者を二次会会場に先頭に立ち誘導するように会場とったスタッフに指示出し(本人の本名でとっている場合わからないためと店側と連絡とった本人が一番把握しているため)をして2次会会場へ行く

2次会会場ついたらとりあえず参加者を予約席の奥へ移動させる(一応35人くらいいるのに列で並んでいると他の客と店側の迷惑になるため)のと主催はあいさつの関係もあるから真ん中にして未成年(4人)は固めるように店側から指示が出ていたので予約席の左端に固めつつ参加者の未成年にはいないが他のポケモンオフで未成年で飲酒したという噂を聞いたことがあったので固めた未成年4人が自分の視界に入りやすい場所に座り残りのスタッフは適当に座らせて飲み物が届いて主催挨拶して2次会開始

2次会では色々な話をしていたが印象に残っていたのは


7世代の女性キャラで好きなキャラは?という話

スイレン好きはロリコン(だったはず)の模様。俺はその時なにもじゃべっていなかったがライチ一択だと思っている^^

わ〇〇ーさんの年を取ると立たなくなるよって話


〇すTの女戦隊物の話しとクゥリさんにべたべたくっつく〇すTの姿を見て

「いいキャラ見つけたなって思った^^」

料理のピザが来たらよく巷で芸人とかピザカッターとか呼ばれているみ〇こさんがどういうわけかつまようじでピザを切り出すという芸を披露しだしていて動画を取られていた。
ちなみにその動画を2次会参加者がツイッターで動画にしていたが1日くらいで1000再生くらいされていた。

ここらへんが結構印象的でした。

 

バトンタッチオフの2次会はまだそんなにやったことないが何故か年齢層でいうと25前後の人たちが賑やかで20前後の人達はおとなしめな感じでした。ただし菊一は除く^^

そんな感じで23時過ぎまで会場にいて帰宅となりました。

 

スタッフとしての参加でしたがまだまだ至らない点も多く、まだスタッフ慣れしていないスタッフを効率よく動かしていく必要性があるなとか反省すべき点も見つかりましたがなんとか第4回バトンタッチオフも終了させることができたのはよかったと思いました。第5回も5月6日にやる予定なのでぜひ来ていただけると嬉しいです。最後まで読んでくれた方ありがとうございました(>_<)

 

USM 強キャラッシュ5位・バトンタッチオフ16位(予選8-1のトナメ1落ち)使用 眼鏡レヒレルカリオスタン

どうもオペラスリスです。

今回は強キャラッシュで5位とバトンタッチオフ予選8-1・1落ち16位になったときのPT構築の記事となってますが詳しい調整内容については今シーズン使う可能性が高いものもあるため詳細は伏せさせていただいてる部分もあります。 

 


ルカリオ 石 陽気AS 
インファイト コメットパンチ ストーンエッジ 神速(バレットパンチ

 

選出率8割超えのこのPTのエース。強キャラッシュ時はゲッコウガギャラドス意識で神速だったがゲンガーやミミッキュを縛りたい場面が多かったのでバトンタッチオフ時はバレットパンチに 変更しました。エッジはルカリオ対面で舞うギャラやサンダーやリザに交換読みで打ちたくて入れました。

 

カプ・レヒレ 眼鏡HC

なみのり ムーンフォース 冷凍ビーム トリック

 

流行りのカバマンダガルドに強いのとルカリオ使う上で重くなるカバのあくびループを切りたくて採用しています。雑に初手に投げても相手のコケコとかが後出しされて沈んでくれたりゲンガーのヘド爆耐えてルカリオのバレ圏内に入れてくれたりしてとても使いやすかったです。

 

ボルトロス 穏やかHBDS
10万ボルト めざ氷 ボルトチェンジ 悪だくみ

 

意地ミミッキュミミッキュZ耐えたりグロスの冷凍P・ゲッコウガの冷ビ・アゴの流星群Zくらいなら耐えるくらいの耐久は確保したもので1発耐えてからボルチェンで裏につなげたり自身が崩しとしての役割を持たせたくてボルチェンと悪だくみを両立させました。受けループやそれの類の構築を崩すときに便利でした。


ランドロス 腕白HBS
地震 岩石封じ とんぼがえり ステルスロック

 

特にいうことのない普通のゴツメランドロスでPTの潤滑油的な存在として採用しました。最初カバルドンにしようと思っていたがこのPTはレヒレやルカリオを多く投げていくことで負担をかけていくことが多いので選択肢としては間違っていなかったと思います。

 

ギルガルド 控えめHCS
シャドーボール 影うち どくどく キングシールド

 

主にテテフとガッサ入りにはほぼ出していました。グロス入りはゴースト技を通していくことが勝ち筋として太い場合のみ出していました。



リザードンX 石 意地AS
逆鱗 フレアドライブ ニトロチャージ 剣舞

受けループを破壊する時以外ほぼ出すことのない枠。メガヤドランは知らないです。とりあえず選出画面にさえいてくれればいいモンスターだと思っていたのでバトンタッチオフでは10戦中選出率0回の強キャラッシュ15戦中3回の選出率25回中3回しか出してない枠でしたが選出圧力でこのポケモンに匹敵する奴もそうそういないので採用し続けていました。

 

先ほども書きましたが今シーズン使う個体もいる都合で数値の記載はしていませんがもしも知りたい方がいましたら@sinnmeiryuu3391 にDMでお願いします。

BS調整リザY

どうもオペラスリスです。

 

記事更新モチベが出たのでUSMシーズン1でペリラグに入れて使っていたBSベースの調整をしたリザYについて書いてみました。このリザードンは対ミミッキュを意識した調整のものとなっておりますのでミミッキュ以外の方面についてはあまり調整の段階で調べていないので調べたもののみ書いてあります。



調整内容

性格 控えめ

165(92)-×ー116(140)-200(20)-136(4)-152(252)

 

技 だいもんじ めざぱ氷 +2

 


B方面 

意地A252ミミッキュのシャドクロZ+影うち確定耐え(137~163)
シャドクロZ 106〜126
かげうち 31〜37

陽気A252メガマンダの捨て身確定耐え(138〜163)

陽気A252メガメタグロスのかみなりパンチ確定耐え(126〜150)

陽気A252ガブリアスの岩石封じ(144〜172)乱数1発 (18.8%)

補正なしA4振りランドロスの岩石封じ確定耐え(132〜156)




C方面

H4振りミミッキュ晴れだいもんじで確定1発(150〜177)

ABミミッキュも基本落ちますが悪い乱数引くと耐えられます。


D4振りメガボーマンダめざぱ氷(164〜196)乱数1発 (81.3%)

D4振りガブリアスめざぱ氷(172〜204)乱数1発 (62.5%)

H4振りランドロスめざぱ氷確定1発(180〜216)

D4振りカプ・テテフ晴れ大文字(138〜163)乱数1発 (75%)

 

 

とまあC方面いい乱数とはいえ相当乱数絡んでいる点と大文字の命中不安が絡んでしまいましたが雨P使っているとよくHBリザYだと襷つぶしててもキノガッサの岩石封じで先に倒されるのでS135まで伸ばしても化けの皮はがしたミミッキュに先に剣舞積まれていると2段階UPのシャドクロZでリザY倒されるっていうのが多く発生したのでSラインを意地252ミミッキュ抜きのSライン調整個体をさらに抜けるようにしつつミミッキュを大文字で葬れるように控えめで補正かけつつCを最低限確保しつつS252振りとしHBはシャドクロZ+かげうちを意識して振り分けた感じで調整しました。

雨Pでの採用だからこそキノガッサミミッキュがよく選出されてこの調整が生きる場面が多かったですが普通のスタンPに採用するには微妙だったりもっと効率のいい調整があるのかなと思いつついい調整が思いつかなかったのでなんかいい調整があれば教えてください(>_<)

※オーバーヒートはこの調整考えた段階で打ち逃げを意識したものではなかったので計算していませんが対ミミッキュのみをより意識するならオーバーヒートのほうがいいかもしれません


 

USM S1 使用構築 58戦2100到達ペリラグ 最高最終2112最終62位+ペリラグ試行錯誤集

どうもオペラスリスです。今回はUSMシーズン1で使用し50勝8敗で2100までいけたペリラグの構築記事といってもSMのS5・S6で使ったのとほぼ変わらないので一応個体紹介とUSMで増えた新要素アーゴヨン入りに対する立ち回りを書きましたがそれだけだと記事として短いと思ったので試行錯誤の過程で作ったペリラグについて書いてみることにしました。

 

f:id:sinnmeiryuu3391:20180124203842p:plain

 

f:id:sinnmeiryuu3391:20180124204317j:plain

 

f:id:sinnmeiryuu3391:20180124223734p:plain

 

※2112到達時のは取り忘れました(汗

 

個体紹介(以前書いているので簡潔に書いてます)

 

ボーマンダ 陽気 威嚇 メガ石  捨て身 身代わり 羽やすめ 毒々 
193(180)ー165ー150ー×ー120(76)ー189(252)

 

耐久ポケ(主にポリ2・カバあたり)をよく呼ぶので嵌めれる毒羽型。

一応臆病リザYのめざ氷はほぼ耐えるラインまでD方面確保とB方面は威嚇込みでガブやA甘えているランドの封じが身代わり耐えます

 

ナットレイ 呑気 フィラの実 ジャイロ タネマ やどりぎ ステルスロック 
181(252)ー114ー167(4)ー×ー168(252)ー22

 

B<Dでダウンロード対策しつつミミッキュの1舞ゴーストZ耐えから木の実発動からのシャドクロまで耐えれます。タネマシンガンは皮はがしつつABミミッキュの耐久調整崩したり襷貫通できるので雨Pのナットレイで採用しない理由はほぼないと思っています。ステロは襷つぶしとかもありますがサンダーと合わせてPP枯らし狙いをするときに便利なため採用しています。

 

サンダー 穏やか プレッシャー 残飯  放電 毒々 身代わり 羽やすめ
193(220)ー×ー105ー145ー152(228)ー128(60)

 

リザYのオバヒ大体耐えたりアシレのうたかたZ+アクジェやガルドのシャドボZ+影うちを残飯込みで確定で耐えます。Sラインは最速カグヤ抜き抜きをさらに抜くラインまで振ってます。H振りだけでもメガバシャやリザXのフレドラ確定で耐えたりします。受けサイクルなどの低速サイクルに出してPP枯らしに行くことが多いです。

 

ミミッキュ 陽気 ミミッキュZ  じゃれつく 影うち 呪い 剣舞
131(4)ー142(252)ー100ー×ー125ー162(252)

 

今までのフェアリーZからUSM新要素のミミッキュZを採用したものでこれにより対ルカリオに強くなったこととなにより単純な火力強化が出来るのでミミッキュZにしてあります。ステロ+ミミッキュZ+影うちで耐久振ってないパルは落とせます。陽気最速個体を採用している理由はテテフの型判別に便利な点や対ミミッキュミラーで上から影うち打てる可能性が高いのはすごい安心感があるのとラグラージとのあくびの関係で最速にしています。

 

ペリッパー 控えめ 気合のタスキ  なみのり 暴風 とんぼがえり 毒々 
135ー×ー121(4)ー161(252)ー90-117(252)

 

ペリラグ選出で重いポリ2をはじめ数値受けに対して毒を入れることで強引な突破を狙えるので雨選出率を上げる意味も込めて毒々を採用しました。Sラインはぶっぱではなく236振り(実数地115)にしてABミミッキュや耐久テテフの下を確実に取れるようにしてもいいかもしれません。

 

ラグラージ 意地 メガ石  滝登り 地震 冷凍パンチ あくび
175ー222(252)ー130ー×ー131(4)ー122(252)

 

調整も特にないASぶっぱあまりDでダウンロード対策だけしたラグラージミミッキュZに合わせて耐久調整したラグラージの採用も考えたが意地AぶっぱミミッキュがあまりミミッキュZを打ってこない点とABや陽気AS個体のミミッキュミミッキュZ+影うちは大体耐えたはずなので特に困ることがないと思いそのままASで使いました。4つ目の技にあくびを採用していますがギャラアーゴ突破の切り札でありラス1相手への最強の詰め技だと思っているので採用しています。よくラグラージで相手のラス1に上からあくび→ラグラージ倒される→ミミッキュ死に出しから剣舞1or2回積んでミミッキュZでワンパンやあくびいれて強引にミミッキュ出して呪いで詰めて勝ちや雨ターンの管理にすごい便利でした。

 

 

立ち回り

 

立ち回りに関してはSM時とはほとんど変わらないので以前書いた記事を読んでいただけると助かります。USMで新要素として増えたアーゴヨン入りに対する立ち回りだけ書いておきたいと思います。

 

このPT基本的にアーゴヨンが重いです。オフで会ったことの雨P使いの方にもアーゴヨンどうしてますか?と聞かれたことがありますがこのPTアーゴヨン入りに対しては主に雨選出かミミッキュで処理しに行くことが多いのですがアーゴヨンの相方によくメガギャラドスが採用されているのですが雨選出使用とするとギャラドスも一緒に出てくるのでギャラドスアーゴヨンをどう崩していたかという話なんですが

 

ペリラグで雨展開して先発のポケモンを倒す→ラグラージに対してギャラドスが出てくるのでここであくびを入れる→こちらはミミッキュバックします相手は下げなければギャラドスが竜舞して寝てミミッキュ無償で出してミミッキュZ+影うちで返り討ちか素で殴ってきて皮を盾に耐えるか進化してきて殴ればミミッキュは倒されるがラグラージ地震でギャラを処理しに行くという流れでギャラを処理してアーゴヨンをそのまま倒しに行くという流れが多かったです。

 

雨選出できない場合はミミッキュは確定で連れていき極力皮をはがされないように立ち回るのとマンダは捨て身・ナットレイはジャイロボールを有利対面作ったときになるべく打てるような立ち回りをしてミミッキュの影うち圏内に押し込んでアーゴヨンを縛る動きをしていました。影うち圏内に縛ることが出来れば皮がはがれてどんなにHP少ないミミッキュでも最後詰めれるため動きやすくなるためです。

 

以上でUSMシーズン1で最終的に使ったペリラグについては終わりです。今シーズンは新しいペリラグの案も中々思い浮かばなかったので勝てなくなれば変えればいいかくらいの気持ちでこのPTで1500から潜り33-4チャレンジ(32-4)まできて負けてしまい2000までで10敗以内で行ければいいかなと思いながらやっていたらまさか2100に到達するまでに8回しか負けないで行けるとは思いませんでした。

ほんとうはもっと上を狙いたかったのですが夜2時40分くらいまで頑張りましたが朝からの仕事を考えてリタイアしたためこのような結果で終わりました。

 

来シーズンもペリラグの構築とできればまたトノで結果も出したいのでトノ入りも考えていきたいなとは思っています。USMシーズン1対戦していただいた方・記事を読んでくださった方々ありがとうございました。

 

 

ここからは別ロムで試行錯誤していたペリラグについて簡単に触れたものになりますので興味のない方はブラウザバックしてください。(※何個も記事書くのがめんどいから1つにまとめてしまいました^^)

 

 

①最高レート2058 

 

リザY 控えめHBS(ミミッキュのシャドクロZ+影うち耐える準速リザY) 大文字 めざ氷 気合玉 エアスラ 
ナットレイ 呑気HD 半分回復実 ジャイロ タネマシンガン ステロ ヤドリギ
アーゴヨン 臆病CS 竜Zor毒Z 流星群 ヘドロウェーブ 大文字 悪だくみ
ミミッキュ 意地AB ミミZ じゃれつく 影うち 呪い 剣舞 
ペリッパー 控えめCS タスキ なみのり 暴風 とんぼ 毒々
ラグラージ 意地AS 滝登り 地震 冷凍P あくび

 

ペリッパーの後攻とんぼからリザYやアーゴ出したり雨展開すれば強そうと思い作ったもの。対面寄りに作りすぎたのでプレイングがシビアになりすぎたのとミミッキュの処理が難しすぎたため解散。

 

②最高レート2073

 

リザY 控えめHBS(ミミッキュのシャドクロZ+影うち耐える準速リザY) 大文字 めざ氷 気合玉 エアスラ 

ナットレイ 呑気HD 半分回復実 ジャイロ タネマシンガン ステロ ヤドリギ

霊ボルト 穏やかHBDS オボン 10万・めざ氷・ボルチェン・悪だくみ

ミミッキュ 陽気AS ミミZ じゃれつく 影うち 呪い 剣舞 

ペリッパー 控えめCS タスキ なみのり 暴風 とんぼ 毒々

ラグラージ 意地AS 滝登り 地震 冷凍P あくび

 

※①の改良版として作ったもので①は対面操作がペリッパーしかできず初手外すと負けみたいなのが多くなったので耐久ボルトで行動保証を確保して動かしやすくしたものです。ただキノガッサ入りが増え始めて動かしにくくなったため解散。基本的にはボルトorぺリからリザYやラグラージにつなげて荒らしに行くことを目的としつつボルトに悪だくみを入れることで崩しをさせることもできるようにしたが環境にあっていなかったのとリザードンの命中不安による負けが多かったため安定性に欠けた。

 

 

③あんぐらオフで使用したもの

 

メタグロス 陽気HAS アイヘ 地震 身代わり 毒々

ランドロス 慎重HD オボン 地震 岩石封じ 剣舞 ステロ

カプ・コケコ 臆病CS カプZ 10万 めざ氷 怒り 挑発

ミミッキュ 陽気AS ミミZ じゃれつく 影うち 呪い 剣舞 
ペリッパー 控えめCS タスキ なみのり 暴風 とんぼ 毒々
ラグラージ 意地AS 滝登り 地震 冷凍P あくび

 

※予選抜けこそしたものの8位で終わった構築。とにかくモロバレルが重かったの一言。ただナットレイはよく出てきましたがグロスで嵌めて勝つことが多かったです。ランドロスの枠がしっくりこなかったのでこの枠さえなんとかなれば来期どこかでこれをベースにしたものを使いたいとは思いました。

 

追記 QR作りましたのでよろしかったら使ってみてください

3ds.pokemon-gl.com

 

 

USM S1使用構築 眼鏡レヒレ軸グロススタン 最高最終2138 最終38位

どうもオペラスリスです。今回はUSMのシーズン1で使用したPTの構築記事となっております。

 

f:id:sinnmeiryuu3391:20180123185440p:plain

 

TN オペラスリス 

最高最終2138

 

f:id:sinnmeiryuu3391:20180124225032p:plain

 

f:id:sinnmeiryuu3391:20180123190057j:plain

※向きおかしくなっているのは気にしないでください

 

個別紹介

 

メタグロス 陽気 石 167-186-170-×ー130-178※メガ後

アイヘ 冷凍P アームハンマー 岩石封じ

 

このPT組んだ当初はアイヘ 冷凍P 雷P 地震で運用していたがリザードンY・ウルガモスが重かったので対面からなら戦えるようにするために岩石封じを採用し、アムハンはPT単位で重いナットレイ・ガルーラ・ルカリオに強い技が欲しい+ロトムに打点が欲しくて入れました。封じはそこそこ打つ機会がありましたがアムハンは欲しい場面が何回かあった程度で正直地震のままでもよかったかもしれないです。調整に関しては依然育成した個体しか持っていなかったのと時間がなかったためそのままテンプレ調整のものを流用しました。

 

カプ・レヒレ 控えめ 眼鏡 173-×ー135-161-150-110

なみのり ムンフォ 冷凍ビーム トリック

 

ゲンガーのヘドロ爆弾・霊ボルトの10万耐える程度までHに振りCは火力足りないから全振りであまりSに振っただけのものですがボルトやアーゴヨンが初手対面してもいきなり悪だくみしてくれたりするおかげで冷凍ビームうつだけでイージーウインする試合も少なくなかったです。終盤増えたカバマンダやガッサ入りのPTに眼鏡火力の力を押し付けて勝てる試合も多いしPT単位で処理しにくいテッカグヤやポリゴン2にトリックかまして縛ることもできたりとこのPTのMVPでした。

 

グライオン 慎重 ポイヒ どくどく玉 177-115-151-×ー139-115

地震 ハサミギロチン 守る 羽休め

 

よくいるHDグライオン。低速の受けサイクルやマンダ軸になげてギロチン打ちに行くことでサイクル崩壊させて勝つことを意識したためギロチン採用し羽休めは少しでもHP管理をしやすくしたかったため身代わりではなく羽休めを採用しました。H177調整しあまりBに振っていますがABミミッキュの上くらいは取りたいこともあったのであまりはS振りでよかったと思いました。

 

ミミッキュ 意地 ミミッキュZ 151-140-125-×ー126-117

じゃれつく 影うち 剣舞 呪い

 

どこにでもいる普通のABミミッキュです。PT単位で重いバシャに厚くしたいと思いABで採用しましたがあまりバシャ系列の構築と当たらずASミミッキュでもよかったかなとは思いました。害悪系にはほぼ出していました。

 

ポリゴン2 図太い アナライズ 奇跡 191-×ー156-125-115-82

イカサマ 放電 どくどく 自己再生

 

特にこれといった調整も思いつかなかったので昔育成していた個体をそのまま突っ込んだものです。技構成に関しては冷凍ビームが欲しい場面もありましたがPT単位でマンダには厚いしメガギャラ・レヒレをはじめとした水タイプとカグヤが重いので放電を採用し、耐久ポケに崩しと終盤ちょいちょい見かけたカビゴンを崩す要素としてどくどくをいれました。よくグライオンと合わせてカグヤのPP枯らしとかしてくれました。

 

アーゴヨン 臆病 毒Z 151-×ー93-176-94-190

流星群 ヘドロウェーブ 大文字 悪だくみ

 

地球投げ3耐え+ダウンロード対策だけしてCSアーゴヨンです。採用当初は竜Zを持たせていたのですがフェアリー(主にミミッキュ)でごまかされることが多くて使いづらいのとヘドロウェーブだと耐久振りテテフやレヒレに耐えられてしまうことが多く、突っ張られることも多かったので毒Zで1発で仕留めようと思い毒Zで採用しました。ASミミッキュに対しても皮ははいだあとなら1発で落とせたりして便利でした。ただ基本的に命中不安な技構成なのでそれによる技外しやなにより択になりがちな感じがしたので出していけば勝てそうな時やこいつでないといけないという時以外は出さないようにしていたので選出率は一番低かったです。

 

 

 構築経緯

 

別ロムにてカバドリを使っていた時に眼鏡レヒレを採用していてその予想外の火力で相手を崩壊させることが多くこれを軸に組めば強いのでは?と考えていた時にTNまおうパムさんという方とマッチングしたときにこの並びいいなと思いその並びだけほぼパクり

そこから技や調整などは自分で考えて構築の形にしました。(※自分はミミッキュを採用していますが参考元は火ロトムでした) 

 

 

重いポケモン

 

ガルーラ

1発で落とせるやついないしグロパン積まれるだけでやばいのでガルーラ入りにはなるべくミミッキュやポリ2だすようにはしてました。

 

クチート

隙見せるとすぐPT半壊したりするのとなによりトリル下の剣舞クチートにあらがうすべが少ないためほんときつかったです。

 

他にも何体かいますが主にここらへんが重かったです。

 

追記

基本選出

 

基本選出は基本的には決めていません。どれを通せば勝てるかのゲーム上の流れを考えての選出しかしていませんが傾向として

ガッサ入りにはグロスレヒレ一緒に出すことが多かったです。ガッサ入りはレヒレで半壊させられるものが多かったのでレヒレ通すことを意識した選出が多かったです。

マンダ入りサイクルはポリ2・グライオンでサイクル回しつつひたすらギロチンを狙いに行くゲームをするかレヒレでトリックあてて相手を縛りに行くことが多かったです。

ガルーラ入りはグロスミミッキュを選出し対面で殴り合うことを意識することが多かったです。リザードンがいる場合はアーゴヨンを出すこともありました。

相手PTがどう考えても勝てないと思ったときはグライオンを投げつけてギロチンの試行回数稼ぐゲームをしていました。(実際どうしても勝てなさそうなガルーラ入りに1回だけやりました)

 

 

 

今シーズンの感想

 

今シーズンは2000載せてからレート2000を反復横跳びをずっと繰り返していい構築案も中々見つけられずにいましたがなんとかシーズン終わり3日前に2100に乗せれて最高レートも更新できた点は満足できる結果となりましたがまたしても時間の壁には勝てず最高2138であきらめてしまう形になり最終30位以内と2150以上行くことが出来なかった点に関しては残念な結果に終わってしまいました。ただ今回自分が普段使うことがないグロス・レヒレ・グライオンなどのモンスターを使い納得のできる結果を出すことが出来たのでこれを糧としてこれからも精進していけたらなと思いました。今シーズン対戦してくださった方ありがとうございました。

追記 QR作ったのでよろしければ使ってみてください

3ds.pokemon-gl.com



 

 

レリセについて

どうもオペラスリスです。

 

今回はレリセについて思うことを書いてますがあくまでも個人的に思う事を雑に書いているに過ぎないので誹謗中傷はしないでいただけると助かります。

 

TLでみるレリセについてレリセがいい派ですとかレリセが悪い派ですとかそんなことをいいたいわけでもなく、ただひとつ思うことそれは

 

レリセしたくなるくらい運負けないしは実力負けしまくってもレリセせずに

 

負けまくった現状を受け入れる姿勢・強さがより上を目指していく上で必要なのではないか?

 

と思うようになりました。辛いものから逃げずに立ち向かい続けることができないと今より上に行くことが出来ないとSM中期から思ったのでレリセは極力せず現状を受け入れる努力をするようにしそれでもレリセしたときは自分に負けたんだなって思うようにしました。

 

ポケモンに限らず色んな対人ゲームを小学生のころからずっとやってますが対人ゲーはメンタルゲーみたいな所あるからメンタル強化も必要だと思ってます。

 

以上です

 

USM ハオ杯2位・小雨杯1位・サイクル厨カップ1位構築 偽装砂ブルドヒ

どうもオペラスリスです。今回はオンライン大会でSM(ハオ杯2位・小雨杯1位)・USM(サイクル厨カップ1位)使用した偽装砂ブルドヒの簡単な紹介記事になっております。(※具体的な調整値は今後まだこの構築ないしはこれに近いものを使うかも知れないので伏せさせていただきます)

 

バンギラス 石 意地HAD

エッジ 噛み砕く 追い打ち 冷凍パンチ

 

砂下でメガゲン・メガリザYの気合玉耐えます。物理受けに受けられたくないのとゲンガーとかを意地でも倒したいので追い打ち採用しました。火力を維持するために性格意地で採用しました。調整はSM時に考えたものではあったがアーゴヨンの巧み1積み流星群Z確定だえします。

 

ドリュウズ イアの実 陽気HDS

地震 アイヘ つのドリル ステロ(※ハオ杯・小雨杯時は毒々)

 

ギルガルドのシャドボZでイアの実発動くらいまでD振ったもので受けループや受けサイクルへの崩し要因

 

ボーマンダ 石 無邪気CS

捨て身 流星群 火炎放射 羽休め

 

呼ぶカバルドンやマンダに強く出たかったのと物理アタッカーがPT単位で多かったので両刀でCS振り

 

ギルガルド 鋼Z 意地HAS

アイヘ 影うち 剣の舞 キングシールド

 

物理型のガルドのキンシは警戒されにくいのとグラスフィールドの回復・管理に役に立つと思っていれたが実際ミミッキュの影うちにキンシ合わせたりして相当役に立ちました。オニゴーリはこいつで強引に舞まくって突破します。

 

ドヒドイデ 黒いヘドロ 図太いHBD

熱湯 毒々 黒い霧 自己再生

 

バシャ・ミミッキュゲッコウガ入りにはだいたい出していた。なんだかんだ色んな技弱点でも1回は耐えてくれたのでよかったです。対カグヤはマンダと合わせてよくPP枯らしに行きます。

 

カプ・ブルル 残飯 慎重HD

ウッドホーン 宿木 毒々 守る

 

毒々は呼ぶマンダやPT単位でめんどくさいポリ2に対しての崩しとして採用しました。とにかくよくマンダが出てきてくれるので刺さりました。岩石封じとかブルルに持たせているブルルみかけるがマンダ意識なら毒々一択だと思いました。ただこのブルルはもっとAかBに振るなりして調整は変える必要があると思いました。

 

 

構築経緯

 

まず最初砂を使いたいと思いカバドリとバンドリどちらを使うか考えた結果じめんタイプの被りは攻撃を通していく上で通りが悪いことが多いのでそれを嫌ったのと対リザードン性能・カバドリに比べてバンドリの方が純正・偽装どちらも匂わせやすいと思ったのでバンドリ使うことを決めたのとバンドリは柔軟性持たせるなら偽装だなと考えて偽装にすることまで決めてそれに対し周りを固めていく方向で周りを構築を作ろうとした。※最近よく雨(純正)の人って言われることが増えたから砂使えば純正だと思ってくれるんじゃね?とか思って敢えて偽装を使ったというのもあります

 

バンギドリュで並べると馬車が重いのでバンドリマンダで有名なボーマンダを採用を決めたがこれだけだとゲッコウガがやばすぎると思ったのでバシャとミミッキュに強く出やすいドヒドイデを採用したがこれだと地面がきつすぎるので周りの地面弱点の緩和の意味も込めてカプブルルを採用した。これだけだとマンダ・ルカリオメタグロスが重すぎるのとZやメガネまで考慮するとブルルやドリュが不安なのと偽装か純正砂かをわかりにくくするためのギルガルドを採用することにして6匹の並びを決めた。

 

オンライン大会3連続この構築を使いましたがまさか2位・1位・1位と取れるとは思いませんでした。これからは偽装じゃなくて純正の砂も手をつけていきたいと思います。

 

質問とかあるかたはコメントか@sinnmeiryuu3391までリプください